スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAPPYをおすそわけ

南の島より届いた、超かわいいパピボー達の写真。

早速、ありがとうのメールとともに、

Blogへの掲載許可のお願い。

快く承諾してくれましたので、

皆さまにもおすそわけです。

(本当は一人一人の写真もあるんですけど)

binocphoto192.jpg

いや~、ど真ん中にスペース作って添い寝してぇ~~~~。

(想像するとちょっと不気味かも?)
スポンサーサイト

2nd National Australian Bred Class

You Tube でこんなのみっけちゃいました。





Australian Bred Class です。
オフィシャルDVDのリリースが待たれます。

緊急アンケート??

な・な・何事??って思ったかもしれませんが、
ここで緊急アンケート。

実は、「そんな機能がついてたんだぁ~、」
と気付いたもんですから、試しに使ってみようかと・・・。

アンケートは、
「あなたの好きなオーストラリアのボーダーコリーの犬舎は?」です。

以前から、好きだった。
うちの子のPedigreeにある犬舎だから。
今回、このブログを読んで好きなったとか。
理由はなんでも結構です。

一回につき一犬舎選べます。
投票回数制限はありません。
ただ、何犬舎選んでも結構ですが、
一犬舎は、一回だけでお願いします。
コメントも入れることが出来ます。

宜しければアンケートにお答えください。







2nd National - 33

残念ながら私がショー会場にいたのはここまでだ。
5:00までにキャンベラ空港に向かうために
ここを後にしなければならなかった。
ハードスケジュールではあったが、
この場所にこれた事、皆に合えたこと、
そして全頭の審査を見れたことを考えると、
本当に幸せな時間を過ごす事が出来た。
この場所を離れる前に
お世話になった人達へ、挨拶に行く事にした。

DanariのTiffanyが、Zaliを連れて現れた。
BIS戦へ向かう途中だったのだろう。
そして私はもう帰らなければならないことを告げだ。
Zaliは彼女がPuppyの頃 Sydney Royalで会って以来、
私が行った全ての Dog Showに Entryをしている。
私にとって、とても思い入れのある子だ。
今回、BIS戦で彼女を応援する事は出来なかったが、
前日の Open Bitch、それからChallenge Bitchと
Dog Showの興奮を、我が事のように楽しませてくれた。
「ZaliがBISを取る事を期待している」というと、
「私も期待している」という返事が返ってきた。
その態度から緊張が伝わってきた。
こんな事を書いても意味が無いが
もしかりに今回のBIS戦が、前日の Judgeであったら、
BISは、Zaliになっていたと思う。
だが残念な事に、BIS Judgeは、この日のJudgeだった。

その後、EtherialのMichaelと話しをしているところに、
Challenge戦を終えたばかりの Samが駆けつけてくれた。
次回の開催は2年半後、タスマニアが主催する事を教えてくれた。
後の情報で、タスマニアボーダーコリークラブが主催で、
開催地はメルボルンという案が出ているらしい。
再会を約束し、帰路つく。
キャンベラからシドニーへの機内。強烈な雷雨に遭遇する。
オーストラリアについてから初めての雨だ。
機内は大きく揺れだしたが、
行きの時のようなプロペラ機ではなかったのが幸いだった。
「クロージングパティーは大丈夫だろうか?」
キャンベラにいる皆の事が頭に過ぎる。

それでは私が帰った後の結果を書いておこう。

Best In Show:Innisman All Said N Done

Runner-up to Best In Show:Danari Datewith Destiny

Best Baby Puppy In Show:Etherial Solitaire

Opposite Baby Puppy In Show:Tookurra Wild At Heart

Best Minor Puppy In Show:Nahrof No More Mr Ice Guy

Opposite Minor Puppy In Show:Nahrof Say It Right

Best Puppy In Show:Sashdan Smokin Joe

Opposite Puppy In Show:Khayoz Queen Oharts

Best Junior In Show:Etherial Up In Lights

Opposite Junior In Show:Glentress Hwy To Heaven

Best Intermediate In Show:Glentress I Can Coz I Am

Opposite Intermediate In Show:Tullacrest Ice Man

Best Australian Bred In Show:Innisman All Said N Done

Opposite Australian Bred In Show:Majalibre Great Calamity

Best Open In Show:Danari Datewith Destiny

Opposite Open In Show:Glentress King O Theroad

Challenge Dog:Innisman All Said N Done

Reserve Challenge Dog:Glentress Ostentatious

Challenge Bitch:Danari Datewith Destiny

Reserve Challenge Bitch:Majalibre Great Calamity


これで私の 2nd Nationalについてのレポートを終了します。
長期間にわたり、読んでくださった方、
誠にありがとうございました。
あっという間に、Sydney Royal、NSW BCC Championship Showも終わり、
今日は、Victoria BCC Championship Showの日かぁ~。
なんかもぅ、3ヶ月前のことが遠い昔のように感じています。
明日からどうしようかぁ~?って、寂しい感じもしますが、
これからもオーストラリアのショー情報を、
伝えていければと思っております。
ご愛読ありがとうございました。

宜しければ参考までに、
全部読まれた方がいらっしゃいましたら、
下の「拍手」ボタンを押していただければ幸いです。

2nd National - 32

これで今回 National に出場した全ての犬の審査が終了した。
Australian Bred Classの余韻が冷めやらぬまま、
会場では、Challenge Dog戦の準備が進められていた。
まずは各クラスの1席に輝いた子達を紹介しよう。

Baby Puppy Class : Tookurra Wild At Heart
Minor Puppy Class : Nahrof No More Mr Ice Guy
Puppy Dog Class : Sashdan Smokin Joe
Junior Dog Class : Etherial Up In Lights
Intermediate Dog Class : Tullacrest Ice Man
Australian Bred Dog Class : Innisman All Said N Done
Open Dog Class : Glentress King O Theroad

この中で Classの時に注目犬としてあげた犬は3頭だけだった。
しかも、1席として選んだのは1頭だけだ。
Bitchに続いて Dogでもこのような結果ですので、
私の上げている注目犬を簡単に信頼しないように。
あくまでも私の好みで選んだ子達です。
だからと言って、結果だけを見て判断するのはお勧めできません。
自分の好みを、ジャッジに合わせるようでは、
何がいいのか分からなくなってしまうと思うからです。

それでは結果から、

Challenge Dog は、Australian Bred Dog Classの
Innisman All Said N Done だった。
Reserve Challenge Dog は、
同じくAustralian Bred Dog Class 2ndの
Glentress Ostentatious だ。

正直言って意外な結果に驚いた。
ショーが始まる前、友人からどの子が良いか聞かれた。
私の注目犬達は、正直まだ若さが目立つ。
Challenge Dogともなると、何かもっと際立つものが欲しい。
かといって他の子を見ても??
そりゃ~、Australian Bred Dog も Open Dog も、
Classの時に注目しなかった子達ですから、
いまさらこの子が良いとは言えません。
Bitchの時の様に、際立った子がいないと感じた私は、
「この中にはいない」っと、正直な気持ちをぶつけた。

それでも、今日のジャッジの好みからすると
Glentressかなぁ~、なんて思って見ていたら、
意外や意外、またしても Over だった。
よほど Innisman All Said N Done が、
ジャッジのツボにはまっているようだった。

以上。

Pagination

Utility

プロフィール

花

Author:花
ビノークボーダーコリーズ
BINOC BORDER COLLIES
ボーダーコリー専門ブリーダー
千葉県松戸市
東京南ボーダーコリークラブ所属

ホームページアドレス
http://binoc.web.fc2.com/

★ペットハウス募集中

ペットとして大切に育ててくれる方を募集中。
詳しくはご連絡ください。
090-5330-3273

子犬の相談、見学を希望の方は、
下記、メールフォームにてお申込み下さい。
お電話でも結構です。 090-5330-3273

BINOC メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。