スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Snowshoe in Minakami part7

いよいよスノーシューツアーも

Part7。

大ちゃんママと大ちゃんの登場。

いつも大吉を愛情いっぱい育ててくれる

大吉パパとママ。

時に厳しく、時に優しく。

それは我が子に対する愛情と同じ。

binocbc1544.jpg

大吉にとって、二人の愛情は全てだ。

特にママは、

大吉にとって絶対の存在。

大吉もその愛情に

全身で応えている。

binocbc1545.jpg

「大吉、危ないからどいてて」

って言っても、大吉はママのそばにいたいのだ。

時にはワルリンが顔を出す時があるけれど、

まぁ、それもまた大吉。

そこは大目に見ていただきた。

binocbc1546.jpg

そんなやんちゃな面も含めて、

パパとママは

大吉が運んできてくれた幸せな時間、

大吉とこうして遊べることを

最高に楽しんでいてくれる。

binocbc1547.jpg

続いて響パパ。

雪煙を上げながら

滑り台を落ちてくる。

そして次の瞬間、

勢いよく、雪の中へ

ドッサっと落ちていった。

一瞬凍りつく。

「決定的瞬間だ」

思わずカメラを取り出して激写。

binocbc1548.jpg

「やっちゃったかな?」

「今のはかなり危険じゃない?」

「大丈夫かな?」

っと心配していたら、

すくっと立ち上がった。

「よかった~~」

binocbc1549.jpg

って、その間もずっと写真撮ってたのかよ?

いや~、地面が雪じゃなかったら大けがだよね。

binocbc1550.jpg

そんな中でも

響ママが一番大笑いしてたかも。

響家は雪遊び慣れしてるから、

このぐらいはへでもないのかも。

binocbc1551.jpg

響パパは、ちょっと照れ笑い。

「実はマジビビった~~~」

binocbc1552.jpg

最後に山頂で撮った記念写真。

また行こうね。
スポンサーサイト

Snowshoe in Minakami part6

いや~、みんな自分の年を忘れて、

思いっきり滑りまくってます。

こんなにはしゃいで滑り台を滑るとは。

ちなみに誰とは言いませんが、

3人ほどOver50です。

ガイドさんからも

「こんなに楽しんでくれるとは」

なんて事を言われるぐらい

はしゃぎまわってました。

もちろん私を含めて。


写真は響ママ。

響ママも子供に戻っちゃってます。

おっと、

もちろんOver50してませんよ。

binocbc1534.jpg

滑っていくママを

心配そうに見つめるフィーネ。

さすがにフィーネには

この坂は急すぎるよね。

binocbc1535.jpg

この時はまだ、

滑り台からちゃんと滑れている。

binocbc1536.jpg

着地もきれいです。

binocbc1537.jpg

響ママの帽子、

もしかしてマンウィズ??

なんて思うかもしれませんが、

帽子に雪が積もって白っぽくみえてるだけ。

答えはレッサーパンダ。

binocbc1538.jpg

次はうちの娘の番。

よく見ると、かなり雪が降ってらみたいだね。

みんな滑り台に夢中で

雪が強くなってきたのを

気が付いていないみたい。

binocbc1539.jpg

みんな娘の走りを優しく見守ってくれてます。

いつもBinoc Familyのみんなには

お世話になってます。

binocbc1540.jpg

我が娘ながら、

バランスのいい滑り。

いよいよ

急降下ーーーー。

binocbc1541.jpg

着地も決まった!!

binocbc1542.jpg

フィニッシュ!!

binocbc1543.jpg

って、ソリ忘れてますけど~~~。

Snowshoe in Minakami part5

何回も続けて滑っているうちに

滑り台の形が変形してしまった。

滑り降りるというよりも

途中から飛び降りているようになってきた。

着地地点の雪が圧縮され、

そこに落差が生まれ、

激しいしりもちをついた感じで着地する。

滑っていると分かるのだが、

滑り台というよりも

フリーホールのような感じだ。

あと何回できるだろう?


次は響のパパの番。

慎重にコースを選んでスタートです。

binocbc1519.jpg

スタートして直ぐ、コースは左に傾いた。

このままでは壁にぶつかるぞ~。

響パパ、危な~い。

binocbc1520.jpg

ドカッ

おっ、雪崩じゃ~~~。

あぶなぁ~い。

binocbc1521.jpg

いや~~、

勢いがすごいぞー。

落ちる~~~~。


一瞬飛んでからの、

binocbc1522.jpg

着地!!

というか

おしりを痛打。

やっぱりフリーホール。

痛そう。

binocbc1523.jpg

神楽 :「次は響の番だよ。早く行って」

響 :「えっ?今、うちのパパ、落ちたばっかなんだけど。危ないよ」

binocbc1524.jpg

神楽 :「じゃあ、僕が先に行くよ。どいて」

binocbc1526.jpg

神楽 :「や、やぱい、本当に崖になってる。落ちる~~~」

binocbc1527.jpg

ドッカ!!

神楽 :「痛っ!!」

binocbc1528.jpg

響 :「神楽パパかっこ悪い。だから危ないって言ったのに」

binocbc1529.jpg

と言ってる響も、滑り落ちちゃった。

響 :「きゃ~~、止まらない~~~」

binocbc1530.jpg

響 :「やばい!こうなったら、えいっ!」

binocbc1531.jpg

響 :「じゃーーーーんぷ」

binocbc1532.jpg

そしてきれいに着地。

binocbc1533.jpg

やっぱり、アジをやってるこは、運動神経がいいね!

Snowshoe in Minakami part4

次は誰かな?

なんかすごい勢いで滑ってきたぞ。

雪煙がすごすぎて誰だかわからない???

binocbc1511.jpg

うわっ!

クラッシュかな?

勢いあまって壁に激突しちゃったの?

binocbc1512.jpg

響 :「ママ~、大丈夫?」

心配そうにママに駆け寄る響。

binocbc1513.jpg

響 :「ママ、平気?」

響ママ :「大丈夫、大丈夫。ちょっと勢いつけ過ぎちぃった」


ママを心配して駆け寄る響。

こういうところもかわいいよね。

binocbc1514.jpg

神楽 :「僕、行って大丈夫かな?」

binocbc1515.jpg

神楽 :「よし、行くどぞ~~」

binocbc1516.jpg

神楽 :「イェ~イ、すごいスピード。めちゃ楽しい」

binocbc1517.jpg

この子達、絶対雪を楽しんでるよね。

私たち(人間)と変わらないぐらい、

雪山を遊んでる。

しかも、なんとなく飛び降りる順番を待ってたり。

今はまだ自分の順番じゃないなって、気遣いをみせたりしてる。

binocbc1518.jpg

あっ、でも全員じゃないよ。

大吉は平気で割り込んだり

逆走したりしてるし。

幼稚園とかにいるでしょ。

遊びに夢中になっちゃってルールを守れない子。

やっぱワルリンだ。


なんて冗談です。

でも本当にすごいと思わない??

こうして人間と犬と一緒に遊べるって。

やっぱりボーダーコリーの知能の高さを感じるね。

Snowshoe in Minakami part3

この時間になり、

頂上付近は雪がだんだんと多くなり、

風も時折強く吹くようになった。

私たちは遮るものを求めて

下の森の方へ降りて行った。

ワンコ達の頭も真っ白け。

私たちのウェアもだんだん雪がこびりついてくるようになった。

binocbc1497.jpg

少し平らで休める場所を探して

ガイドさんが用意してくれた軽食をとることにした。

これだけ雪が多いと、

軽食とはいえ、温かい食事は心も温まる。

20分ほど休憩をして

体が冷たくなる前に後半戦のスタート。

binocbc1495.jpg

何からスタートするかというと、

山の急な斜面を利用して

ソリ遊び。

小さなプラスチック製のソリをおしりに敷いて、

ガイドさんが踏み固めた坂道を滑り降りる。

50を過ぎても遊び心は持ち合わせている。

じゃんじゃん行きますよぉ~。

っと思ったら、

ワンコ達も滑り台が好きだったとは。

「大吉、いきまぁす」

binocbc1498.jpg

「わぁお!滑ってる~~」

binocbc1499.jpg

「大吉、かっこいい!」

binocbc1500.jpg

すごい勢いで、駆け抜けっていってます。

binocbc1501.jpg

「ゴール」

binocbc1502.jpg

大吉は何をやっても楽しそう。

写真では伝わり辛いけど

この斜面って、かなりの勾配なんですよ。

とても上って行けるような滑り台じゃなくて、

落ちるって言った方が近いんです。

binocbc1503.jpg

次は大吉パパ。

私よりも先輩。

思い切って行っちゃってください。

っと思ったら、

響が道をふさいじゃってます。

最初の坂では「ヒーヒー」泣いてたのに

響、大丈夫?

binocbc1504.jpg

って、横からさっき滑ったばかりの大吉が

「響~、行かないなら、僕が先に行くよ~」

binocbc1505.jpg

「滑り台って、めちゃ楽し~~~」

binocbc1506.jpg

「大吉ーーー、あたしだって負けないぞーーー」

binocbc1507.jpg

大吉パパも響の後を追ってスタート。

binocbc1508.jpg

って、大吉パパの重さで勢いが付きすぎて、

響に追いついちゃった。

binocbc1509.jpg

「響ーーGO GO、がんばれーーーー」

ド・ド・ド・ド・ド・ド・・・・・・

binocbc1510.jpg

ワンコ達がこんなに滑り台が好きだったとは、

考えてなかったなぁ~~。


雪のせいでピンぼけの写真ばかりですいません。

まだまだつづく、

Pagination

Utility

プロフィール

花

Author:花
ビノークボーダーコリーズ
BINOC BORDER COLLIES
ボーダーコリー専門ブリーダー
千葉県松戸市
東京南ボーダーコリークラブ所属

ホームページアドレス
http://binoc.web.fc2.com/

★ペットハウス募集中

ペットとして大切に育ててくれる方を募集中。
詳しくはご連絡ください。
090-5330-3273

子犬の相談、見学を希望の方は、
下記、メールフォームにてお申込み下さい。
お電話でも結構です。 090-5330-3273

BINOC メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。