スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2nd National - 28

続いて Intermediate Dog Class だ。
Entry 33頭、Abset 3頭。

今回私が最も注目をしていたクラスだ。
ビデオでしか見たことがない子を、実際に子の目で見る。
今回の旅行の最大の目的がここにある。

まずは結果から。

1st Tullacrest Ice Man
2nd Glentress Go Ahead Makmyday
3rd Gremaric Cruzin
4th Winpara Lucky Shot
5th Etherial Heartbreaker
6th Clan‐Abby NZ Mystical Magic
7th Winpara Soul Dragon
8th Nahrof Turn The Page
9th Clanheath Cause A Riot
10th Finealta Son ofa Wizard

30頭の中から10席までを決めるという、かなり熾烈な争いとなった。
そんな中、私の注目する子達がカットされていった。
今回は逆にそちらから紹介しよう。

まずは Khayoz Perfect Crime だ。

binocpic262.jpg

binocpic263.jpg

ここで何度も名前をあげている、Khayozの新星だ。
Etherial Chase The Ace × Khayoz Forbidden Love

binocpic264.jpg

私は、ちょうどその時 Khayozのマーキーにいたので、
Isaac が帰ってくるのを出迎えた。
一瞬空気が凍りつくのを感じた。
私が凍りついただけかもしれないが・・・
他の犬舎の人がやって来て、
「酒飲まなきゃやってられないわよ」
なんて言って、帰っていった。
でも、サプライズはまだまだこんなもんではなかった。

binocpic265.jpg
(Show の最中にホームページ用の撮影)
binocpic266.jpg
(ちょっと手こずっているようす)
binocpic267.jpg
(そんなんで Samにチェンジ)

今回、残念な事に Khayoz Midnite Gambler は Absentだった。
それから、Khayoz Perfect Crimeの同胎に Khayoz Original Sin がいるが
彼も来なかった。最近、Showで名前を聞かなくなっている。


次に Danari Destined To Thrill だ。

binocpic268.jpg

binocpic269.jpg

binocpic270.jpg

この子も何度もここに登場している名前だ。
現在、この若さで Stud Dogとしても注目されている。
Tullaview、Nahrof、Kellagem、Tehya、Quinoraなど・・・
そんな彼も、早々と退場してしまった。


そしてもう一頭 Trucharm On The Runだ。

binocpic271.jpg

binocpic272.jpg

父は Kyntafの看板犬、Kyntaf Blessing N Disguise。
母は、Trucharmの Top Stud Bitch、Trumagik Classic Charm。
Trumagik Classic Charm は、うちのロズィの母親の同胎だ。
その父が Trucharm Royal Tartanなので、この子も子返しだろう。
Trumagik Classic Charmは、Tookurra Catch A Starとの間に。
Trucharm Read All About It、Trucharm Monsters Inc(Tookurra Border Collies)
Trucharm Front Page News。
Kyntaf Blessing N Disguiseとの間に。
Trucharm Stark Raven Mad そして Trucharm On The Run を産んでいる。
なかなか子出しの良い Bitchという印象だ。

binocpic273.jpg

binocpic274.jpg

Trucharmは、まだまだ Top Kennelとまではいかないが、
中堅クラスの中では、安定した実力を見せている。
こういう子出しが良い Bitchを持つことが、
その犬舎を Top Kennelへと押し上げていく事につながる。
今後とも注目の犬舎だ。


続いて今度は順位順に追ってみよう。

binocpic275.jpg

1st Tullacrest Ice Man
Tullacrest Thiefa Hearts × Tullacrest Insatiable
Charlie の子供にとうとう(AI)が付いてしまった。
寂しい限りだ。
(AI)は、Frozen Semenを使用して生まれた子につけられる。
昨今、オーストラリアではたまにPedigreeに(AI)の付いた子を目にする。
日本でも Frozen Semenの使用は可能だが、
まだBorder Collieの使用例を聞いた事は無い。

binocpic276.jpg

2nd Glentress Go Ahead Makemyday
Glentress Ostentatious × Glentress Have No Mercy
Glentress Anastaciaの後胎だ。

3rd Gremaric Cruzin

binocpic278.jpg

binocpic279.jpg

Monochrome Maestro × Gremaric Me Myself I
Maestroについてはここで何度も取り上げているので
Gremaric Me Myself I について書こう。
Gremaric といえば Gremaric All Classをあげる人が多いと思う。
Gremaric Me Myself I の母親、Gremaric Class Actは、
Gremaric All Classの母だ。All Classとは父違いとなる。
Gremaric Class Actのもう一つのラインが Me Myself I なのだ。
彼女の父は Borbern Broncos Best。

binocpic283.jpg
(Borbern Broncos Best photo:Sue Cook)

Gremaric True Coloursの Owner、Sue Cookが、彼の Ownerだ。
Gremaricは、2・3年に一度ぐらいと、交配歴がかなり少ない。
そんな中にあって、Topの位置を守り続けているQueens Landの Kennelだ。
彼のブリーディングは大変興味深い。
Echovale Great Bearを見出したのも、彼だと聞いている。
これからも彼の動向に、注目して行きたい。

binocpic277.jpg

4th Winpara Lucky Shot
Winpara Dragonfire × Tookurra Last Chance

5th Etherial Heartbreaker

binocpic258.jpg

binocpic260.jpg

Tullacrest Thiefa Hearts × Cucriche Chances Are
まだ彼が3ヶ月才の頃、Samから彼の写真が送られてきた。
期待の子だということだった。その頃から私の大注目の子だ。
その後、彼の活躍を聞き、彼の出ているDVDを何枚か入手した。
そんなことから、彼の子供を我が家に迎え入れことになった。
彼の名前は何度もここで登場している。
現在は、Stud Dogとしても活躍をしている。

binocpic259.jpg
(今回、ハンドラーは夫の Michael。ちょっと、手こずっているようす)

binocpic261.jpg
(そんなんで Samにチェンジ)

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://binoc.blog104.fc2.com/tb.php/298-9682df89

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

花

Author:花
ビノークボーダーコリーズ
BINOC BORDER COLLIES
ボーダーコリー専門ブリーダー
千葉県松戸市
東京南ボーダーコリークラブ所属

ホームページアドレス
http://binoc.web.fc2.com/

★ペットハウス募集中

ペットとして大切に育ててくれる方を募集中。
詳しくはご連絡ください。
090-5330-3273

子犬の相談、見学を希望の方は、
下記、メールフォームにてお申込み下さい。
お電話でも結構です。 090-5330-3273

BINOC メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。