スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2nd National - 31

次は Dog 最後のクラス。Open Dog Classだ。
Entry 29頭、Absent 8頭。
Open Dog Classに来て、実走数が21頭とは、
ちょっと寂しい感じがする。
しかも、Danari、Khayoz、Tookurraなどからの Entryはなかった。
Nz Taz-Man Trekker O Clan‐abby、Tullacrest Lip Sipn Suk、
Gremaric Imagery、Maghera Presents Me、
Benshiva Dot Com などは、出走を取り消していた。
出頭数が多ければ良いというわけではないが、
今回の方が、断然多くの犬舎が参加しているはずだ。
前回からの3年の間で、多くの子がショーの世界から離れていった、
その子達の穴を埋める子が育ってきているか、
疑問が残る結果となった。

それでは、結果から書くことにしよう。

1st Glentress King O Theroad
2nd Clan‐Abby NZ Dream‐Lover
3rd Monochrome Maestro
4th Etherial Chase The Ace
5th Clanheath Designa Future
6th Winpara Secret Obsession
7th Nahrof Enough Said
8th Nahrof More Than Words
9th Kayani Seein Stars
10th Pawtails Hot Buttered

1st Glentress King O Theroad、
2nd Clan‐Abby NZ Dream‐Lover 共に
Glentress が所有している子で占めた。

3rd は、Monochrome Maestro
Torobeam Freddy Fudpucka × Monochrome Majella だ。
Maghera Star Collector × Torobeam Mint Gin の父に、
Tullacrest Thiefa Hearts × Minimbah Liberty の母。
見ていただいて分かる様に、その血は多彩だ。
このことは、Stud Dogとして彼の成功の要因の一つだ。

4th Etherial Chase The Ace

binocpic284.jpg

binocpic285.jpg

binocpic286.jpg

前回の覇者、今回彼は換毛期だったか、
シープドッグ競技に傾倒していたのか、
毛のコンディションが良くなかったように思えた。

binocpic287.jpg

6th Winpara Secret Obsession
Borderfame Alusive Lover × Winpara Icee Red
前回の Open Class 2ndだ。年齢から来るのか、
前回のような動きとまではいかなかった様に思えた。
Clan-Abby Phantom of Love の子、
Borderfame Alusive Loverの血を受け継ぐ彼の孫に、
今後の期待が向けられるだろう。

7th Nahrof Enough Said、8th Nahrof More Than Words
9th Kayani Seein Stars と、Nahrof系の子が続いた。

その他、私の注目犬は、
2頭の、Clan-Abby Hiland-Trekker の子、
Winpara Fast N Thfuriousと、今回残念ながら出場辞退となった。
Nz Taz-Man Trekker O Clan‐abbyだ。
以前より、Trumagik Tartan Trekkerの血を受け継ぐ子として、
注目してきた2頭だ。
いずれも交配歴があるが、
Taz-Manの方が、成功していると言っていいだろう。
Winpara Fast N Thfuriousは、日本ではあまり知られていない存在だ。
彼の Ownerは、Yelville Border Colliesだ。
Yeovilleで真っ先に思い浮かぶのは、
Yeoville Epic Journeyだろうか。
でも彼は恐らく子返しで、Glentress系の人が Ownerだ。
それでは彼女の持ち犬から見てみよう。
Yeoville All He Can Be は、Etherial Chase The Aceの子。
それからうちのハクの同胎。Etherial Wild At Heartがいる。
これだけ見るとEtherial系なのかと思える。
だが彼女はその一方で、Winpara Fast N Thfuriousに見られる、
Trumagik Tartan Trekkerの血を
Nz Taz-Man Trekker O Clan‐abbyを通して、
自身の Bitchに使っている。
私の想像だが、彼の血は良く走る子を作ると
思われているのではないだろうか。
それが証拠に、Yeoville Border Colliesは、
Dog ShowよりもAgilityでの活躍が目立つ犬舎だ。
Winparaなどにも言えるが、普段、AgilityやObedienceなどでの
活躍が目立つ犬舎でも、このような大きなショーになると
Dog Showの方に参加する犬舎がある。
ブリーディングを志す者としては・・・
といったプライドが感じられる犬舎だ。

それから最後にもう一頭。
Trucharm Read All About It だ。

binocpic288.jpg

Tookurra Catch A Star × Trumagik Classic Charm
前回紹介した、Trucharm Monsters Incの同胎だ。
こちらは、Trucharm Border Colliesが Ownerだ。

binocpic289.jpg

以上。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://binoc.blog104.fc2.com/tb.php/301-e44cd39c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

花

Author:花
ビノークボーダーコリーズ
BINOC BORDER COLLIES
ボーダーコリー専門ブリーダー
千葉県松戸市
東京南ボーダーコリークラブ所属

ホームページアドレス
http://binoc.web.fc2.com/

★ペットハウス募集中

ペットとして大切に育ててくれる方を募集中。
詳しくはご連絡ください。
090-5330-3273

子犬の相談、見学を希望の方は、
下記、メールフォームにてお申込み下さい。
お電話でも結構です。 090-5330-3273

BINOC メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。