スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山中湖

先週山中湖へ、ショーハンドリングの練習に行ってきた。
山中湖?ハンドリング??っと聞けば、
誰のところに行ったか、分かる人には分かるだろう。

そう、山中湖にハンドリングの仙人様がいるという情報を聞きつけ、
車を飛ばしたのである。

binocpic434.jpg

っと言うのは冗談で、
もう既に何度かお伺いした事がある、
私のショーハンドリングの先生のところです。
ちなみのこの日の温度は0℃。
しかも着いた時にはちょっと小雨が降ってて、
つま先が凍りつきそうな程の寒さでした。


それで、こちらがその先生です。

binocpic435.jpg

っというのも冗談です。

もちろんハンドリングを見てもらうのが最大の目的ですが・・・
実は千葉のショー会場で会ったときに
一目惚れしたハスキーのマドンナに会うのも
目的の一つでした。

binocpic437.jpg

どうです・・・、可愛いでしょ。
お目目がまん丸で、葡萄みたいで・・・
もぉ~、連れて帰りたくなっちゃいましたよ~。

binocpic438.jpg

そんでもって、まずはマドンナで、
ハンドリングの練習。

アイコンタクトもバッチリ。
すぐにでもショーに出れそうなほど仕上がっていました。
走りも Great!!
ハスキーの走りを満喫しました。

binocpic439.jpg

それから、以前うちのブログにも登場したことがある
アロハとハンドリングの練習。

男の子らしい力強さと、勢い、重さ、
ハスキーらしい明るい性格が、
リードからビンビン伝わってきました。

binocpic442.jpg

それから、うちのハクも見ていただきました。
もちろん、それぞれの子にそれぞれの性格があるように、
ハンドリングもそれにあわせたハンドリングになりますが、
それにしも、ハスキーを引いた後にボーダーを引くと、
あまりの違いに、リードを持つ手が混乱しているような?
違和感さえ感じました。

binocpic436.jpg

ここでちょっとしたハプニング発生。

アロハにおやつをあげていたうちの娘が、
ちょっとじらし過ぎたのか、
アロハに前足で「ッボン」って押されて、
しりもちをついてしまった。
もちろん、アロハに悪気はなかったのですが、
それを見た先生がとった行動は、次のうちどれでしょうか?


①.おやつをあげるのを止めさせた。

②.アロハを娘から遠ざけた。

③.娘をアロハから遠ざけた。

④.自分もしりもちをついた。











答えは四番。
自分もアロハに押されたまねをして、
しりもちをついて見せたです。

「先生も押されて、しりもちついちゃった~」
「楽しいから、もう一回やろ~よ」

「この子は遊んでいるだけなんだ」
ということと、
娘に恐怖心を与えないようにと、
いうことを、一瞬で解決してしまった。
あっという間の出来事でした。

噂では、先生は70歳を超えているというはなし、
その先生がしりもちをついて、
ちょっと濡れた地面に、自分の背中までつけて見せた行動に、
犬に向かう姿勢を感じた一瞬でした。


うちの娘も、0才のころから、ハスキーと寝起きを共にしてましたので、
すぐにこんな調子、

binocpic440.jpg

ちなみに 「←」 が、
その時アロハがつけた足跡。

binocpic443.jpg

冗談ですけど・・・



やっぱりうちの娘って、ハスキーが一番好きなのかな??
「アロハ、好きだよ~」

binocpic441.jpg

こんな調子です。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://binoc.blog104.fc2.com/tb.php/340-0d6dad42

Comment

mugmug

こないだは、ウチの子たちをまた、可愛がって
頂いて、ありがとうございました!
先生って、私も以前から「仙人」のように
思ってました。(本人は嫌がるかも・・・笑)
見てるとこも、普通じゃないし、とにかく
先生の前では、犬の気持ちになっちゃいます。
完全降伏!
ふざけてるようで、まったく無駄が無い・・・
人の気持ちにも敏感だし、私がこんなに下手くそ
でも、ハンドリングやめないのは、先生のせいだと
思います~~
時々、笑っちゃうくらい子供みたいなとこもある
けど、そこがまた好きです。
(これは内緒です)

これからも、練習行きましょうね!

  • URL
  • 2009/11/30 08:06

花@管理人

実は、先生を紹介してくれた人が、
本当に山中湖に「・・・」がいるって
教えてくれたんです。
会ってみてビックリ!本当に「・・・」でした。
やっぱり、mugmugさんも、そう思ってましたか。

またご一緒できれば幸いです。
もし、ご一緒できない時でも、
アロハとマドンナ、借りちゃいます~。
  • URL
  • 2009/11/30 22:26

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

花

Author:花
ビノークボーダーコリーズ
BINOC BORDER COLLIES
ボーダーコリー専門ブリーダー
千葉県松戸市
東京南ボーダーコリークラブ所属

ホームページアドレス
http://binoc.web.fc2.com/

★ペットハウス募集中

ペットとして大切に育ててくれる方を募集中。
詳しくはご連絡ください。
090-5330-3273

子犬の相談、見学を希望の方は、
下記、メールフォームにてお申込み下さい。
お電話でも結構です。 090-5330-3273

BINOC メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。