スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽の夏休み2

渋滞を避けるように前日から車を走らせ、

真夜中のハイウェイをひた走る。

まだ夜も明けぬころ、突然の土砂降り雨。

もし明日の夜中、キャンプにいる時に

こんな雨が降ったらどうなるだろう?

そんなことを考えながら、

道の駅で軽く仮眠をとる。

その朝、娘が起きると、

あたりは山の景色に包まれていた。

眼がきらきらと輝いて見える。

俄然、こっちのテンションも上がる。

軽く車内で朝食を済ませ、

向かった先は

マイナスイオン出しまくりの早朝の滝。

「え~~~??」

ここは娘にはあまりウケが良くなかった。

マイナスイオンの有難味が分かるには、

まだ若すぎるのだろう。



早々に切り上げ、今回の第一の目的、川遊びへと向かう。

午前中、たっぷり時間を使って川遊びを楽しむ。

ここはかなりお気に召したらしい。

そして午後からはキャンプ地入り。

ちょっと早めだったが、

キャンプ設営と、今晩の食材の買い出しに行かなければならない。

キャンプ地では、白馬??がお出迎えしてくれた。

オフシーズンは乗馬もできるらしい。

binocbc61.jpg

チェックインとテントの設営を済ませ。

今度はバトミントン。

神楽はお休み時間。

次の日の筋肉痛のことを忘れ、

思いっきり遊ぶことにした。

binocbc60.jpg

今度はドッグランで、

神楽を思いっきり遊ばせる。

(犬から、施設利用料を取るくせに、

犬の施設は大したことはなかったのが残念)

ドッグランは貸し切り状態。

binocbc62.jpg

いよいよキャンプの醍醐味、BBQ。

町まで下りて、スーパーでお肉を調達。

ちょっと車を出せば、現地調達出来ちゃうのがいいよね。

いかにも日本人的アウトドアなのだ。

binocbc63.jpg

神楽が疲れて寝静まった頃、

娘と二人して夜のお散歩。

目的は蛍をみつけること。

キャンプ場を出ると、あたりは真っ暗な闇。

懐中電灯の明かりを頼りに田んぼを目指す。

車で通った時は近く感じたのに、

目的地まで30分ほどかかった。

ところが、田んぼには一匹の蛍もいなかった。

とぼとぼと帰る帰り道。

夜空に光る一面の星。

蛍を見せてあげることは叶わなかったが、

これもありかな。

星を見上げながら

キャンプ場へと歩いて帰りました。


テントに着くと、

娘が、


「お父さん、あれが蛍?」


「えっ?」


娘が指差す方には、私たちのテント。

真っ暗な闇の中に、

薄黄緑色に光る小さな点。


「あっ!蛍だ」


私たちのテントにくっついていた蛍が、

ひらひろ舞い上がり、

そして一瞬でいなくなってしまいました。


たった一匹、それも、たったの一瞬、

私たちの前に蛍が顔を出してくれました。


普段はロマンチックなことなど口にしないお父さんも、

これにはかなりやられました。


「憎いねェ~~~」

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://binoc.blog104.fc2.com/tb.php/776-e5d728a0

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

花

Author:花
ビノークボーダーコリーズ
BINOC BORDER COLLIES
ボーダーコリー専門ブリーダー
千葉県松戸市
東京南ボーダーコリークラブ所属

ホームページアドレス
http://binoc.web.fc2.com/

★ペットハウス募集中

ペットとして大切に育ててくれる方を募集中。
詳しくはご連絡ください。
090-5330-3273

子犬の相談、見学を希望の方は、
下記、メールフォームにてお申込み下さい。
お電話でも結構です。 090-5330-3273

BINOC メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。