スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりのまじめな話

お久しぶりの更新で

まじめな話です。


昨年の末のこと、

オーストラリアの友人から頂いたメールにこんなことが書かれていた。

その人の友人に日本人のエージェントと名乗る人物からパピーのリクエストがあり、

お断りといくつかのアドバイスを添えて返信したところ、

アドバイスを無視し、再度パピーのリクエストが帰ってきた。

そしてそのことで相談を持ちかけられたという内容だった。

私の読んだ限りアドバイスはとても有意義なものであり、

それを読んで実践すれば、いつか夢は叶えられると思えるものでした。


「この内容が理解できないなら、無視していいんじゃないの」

私から言えることはありませんでした。

binocbc247.jpg

私の知るオーストラリアで著名なボーダーコリーのブリーダーに限って言えば、

現在、日本のエージェントを介して、国外に犬を出すことはしておりません。

同犬種のブリーダーを介すことはよくありますが、

見ず知らずの人に、しかもボーダーとは無関係なエージェントを介して、

犬を国外に出すことはないでしょう。

binocbc248.jpg

オーストラリアから犬を迎え入れることは、決して難しいことではありません。

事実、たくさんのボーダーコリーがオーストラリアから日本に来ております。

愛情、熱意と根気、目的、

それらを自分自身で相手に伝えることができれば、夢は叶えられるでしょう。
(一切国外へ出さない超有名犬舎もあります)

それから一番大切なことは、

何故オーストラリアのボーダーが欲しいのか、

そして何故その犬舎なのか。


自分自身で自分の思いを伝えることはなかなか言葉の壁もあり、

簡単なことではないかもしれません。

それならば、経験者に聞くのもいいでしょう。

あきらめずにその気持ちを持ち続ければ、夢は叶えられる。

決して難しいことではないのですから。


ただその前に、

オーストラリアから来た優秀なボーダーを

日本でブリーディングしている人達もおります。

お忘れなく。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://binoc.blog104.fc2.com/tb.php/814-2e273474

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

花

Author:花
ビノークボーダーコリーズ
BINOC BORDER COLLIES
ボーダーコリー専門ブリーダー
千葉県松戸市
東京南ボーダーコリークラブ所属

ホームページアドレス
http://binoc.web.fc2.com/

★ペットハウス募集中

ペットとして大切に育ててくれる方を募集中。
詳しくはご連絡ください。
090-5330-3273

子犬の相談、見学を希望の方は、
下記、メールフォームにてお申込み下さい。
お電話でも結構です。 090-5330-3273

BINOC メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。