スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かりんママ奮闘中

一昨年の12月、

かりんは初めての出産を体験しました。

授乳期間中は立派に母親として

子供たちを育てましたが、

親として子供たちを教育する場になって

性格が優しすぎるのか、一向にうまくいかない時期が続きました。

子供たちを教育しようにも

みんなバラバラに好きなことをやって、

一向にまとまる気配がありません。

そんなんで、

ビッカのやり方を見せてもらおうと、

パピールームにビッカを送り込みました。

パピーのところにビッカを入れたら、

あっと言う間に子供たちをまとめ上げ、

みんな大人しくさせました。

それを見たかりんは、

逆効果で自信を失ってしまい、

子供たちのところに行こうとしなくなってしまった。

そんなんで、前の子たちの教育係は

ビッカと父親の神楽に任せるしかありませんでした。


実は今回も、そうなるかもしれないと覚悟をして、

いつビッカを出そうかと考えていたのですが、

でも、

出来るだけかりんを信じて、任せることにしていました。

binocbc1408.jpg

それが今回、うれしい誤算で、

かりんは立派に母親の大役を一人でこなすことができました。

写真はジーニーの巣立ち前夜の様子です。

binocbc1409.jpg

小さかったときは

かなり優しく、ジーニーに好きなようにさせていましたが、

それはかりん流の教育だったのかもしれません。

binocbc1410.jpg

そして巣立ちの前には、

豹変して、

しっかりと大人の強さを見せて、

残り少ない母親としての時間を、

娘への教育にあてていました。

binocbc1411.jpg

いつもスパルタのビッカとは違う、

かりん流の教育は、

頼りないと思わせる半面、

かりんぽさが感じられる、

優しさのある教育だったように思います。

binocbc1412.jpg

その後、

ガーラもかりんママの

教育を受けることに。

binocbc1413.jpg

ジーニーの時は、

すぐにジーニーが大人くなったので、

すぐに教育は終わったが、

binocbc1414.jpg

ガーラは、お遊びモードのままだったので、

ちょっと教育時間が長かったようだ。

おかげで、頭や首の周りの毛が、

かりんのよだれでビチョビチョ。

binocbc1415.jpg

それでもまた立ち上がって

かりんに立ち向かっていくガーラ。

binocbc1416.jpg

そこは、あっと言う間に体を入れ替えて、

マウンティングをとるかりん。

そのあと、結構マジでかりんからガウられたが、

全然へっちゃらのガーラ。

もうちょっと社会化教育が必要みたいだ。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://binoc.blog104.fc2.com/tb.php/999-609efe45

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

花

Author:花
ビノークボーダーコリーズ
BINOC BORDER COLLIES
ボーダーコリー専門ブリーダー
千葉県松戸市
東京南ボーダーコリークラブ所属

ホームページアドレス
http://binoc.web.fc2.com/

★ペットハウス募集中

ペットとして大切に育ててくれる方を募集中。
詳しくはご連絡ください。
090-5330-3273

子犬の相談、見学を希望の方は、
下記、メールフォームにてお申込み下さい。
お電話でも結構です。 090-5330-3273

BINOC メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。