スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋キャンプpart1

今年から始まったシルバーウィーク。

夏休みが終わったばかりなのに、

またこんな時期に大型連休。

なんか休んでばかりのうちの娘。

こんなんで大丈夫なんだろうか?

大きな疑問を抱きながらも、

せっかくの五連休。

何処にも連れていかない訳にはいかない。

ということで、秋キャンプへ群馬に向かった。

まず向かった先は道の駅。

夜中に出発して、

まだ暗いうちに道の駅白沢に到着。

ここは、一昨年の夏キャンプの時に利用した道の駅だ。

大きなドッグランがあり、

ここでちょっと仮眠をとることにした。


目が覚めたころにはお日様も出て、

神楽を連れておトイレタイム。

前日までは曇りやら雨が続いていたが、

この日から2日ぐらいは晴れ間が広がるとの予報だった。

binocbc1026.jpg

目的のキャンプ場は、

ここからもっともっと先に進んだ山の中腹。

ここを出たら、食料を調達できるお店があるかは分からない。

キャンプインの時間もまだまだ先だったので、

まずは2日分の食料を調達するために、

スーパーの開店時間を待つことにした。

朝食を済ませ、買い物を済ませ、

あっと言う間に11時。

まだキャンプインの時間まで2時間以上あったが、

キャンプ場に向かうことにした。

車を走らせてから30分。

タイムスリップでもしたかのような風景が飛び込んできた。

binocbc1028.jpg

看板を見ると

「足湯無料」の文字。

無料と聞いたら行くしかないでしょ。

早速足湯へ直行。

「いや~気持ちいい」

露天風呂施設もあるようだが、

先はまだまだ長いので

足湯だけ浸かって帰ることに。

binocbc1027.jpg

外に出て、はっと気付いた。

どうやらここは

古い時代の民芸品やらを飾ってあるお蕎麦屋さんだったようだ。

せっかくだから食べていきますか。

binocbc1030.jpg

旅に出ると、

せっかくだから、せっかくだからと

寄り道ばかりしてしまう。

まぁそれでお蕎麦ありつけるんだから、

悪くはない。

せっかくだから

お店に会った温泉卵もいただくことにした。

binocbc1029.jpg

お腹も足も温まったので、

いよいよキャンプ場に向かうことにする。

1:30からキャンプインだから、

今日はこの先下山することはないだろう。

設営前の丁度いい腹ごしらえになった。

Binoc the camp part6

最後にパスカルとニコルの兄妹。

パスカルもニコルも今回、Binocのキャンプに初参加。

パスカルはシンガポールで暮らしているが、

夏休みを取って、日本に帰国。

今、うちに遊びに来ている。

今までプールと湖で泳いだことがある。

でもそんなに泳ぎが好きな方ではなかったようだ。

binocbc997.jpg

でも今回、

パスカルが一番長く泳いでたんじゃない?

って言うくらい、ずっと泳いでいた。

binocbc998.jpg

初日はうちの娘と遊んで、

二日目はデイキャンに参加してくれた、ママとお兄ちゃんとお姉ちゃんとも、

ずっと湖で遊んでいた。

水遊びが好きになったようだ。

binocbc999.jpg

そしてニコル。

ニコルは泳ぎに初挑戦。

最初はおっかなびっくりだったニコル。

binocbc1001.jpg

波打ち際にいるのさえ嫌で、

どうなることか??

binocbc1003.jpg

少しずつ水の中へ誘導しても

へっぴり腰。

binocbc1000.jpg

でも

ママの指導の下、

少しずつ恐怖心を和らげて

ついに泳ぐ姿を見せてくれた。

binocbc1008.jpg

ジュリア :「ねぇ、ニコルおばさん。泳ぐの楽しいよね」

binocbc1002.jpg

ニコル :「私はよっぽどカヤックの方が楽しかったわね」

binocbc1006.jpg

ニコル :「ねぇ、ミルクおじさん。泳ぐのって楽しいの?」

binocbc1004.jpg

ミルク :「僕はベンチとかテントで、まったりしているのが好きだなぁ」

ニコル :「私もまったりが好きかも」

binocbc1005.jpg

やっぱりキャンプの醍醐味は「夜」

ランタンの明かりの下で

BBQしたり

ゲームをしたり

お酒を飲んだり、

お話したり。

焚き火囲んで、

あっという間に夜が更けて、

最後に花火も・・・・・

binocbc1007.jpg

ついついお酒が進んで

気が付けば朝。

いつの間にか寝てしまったようだ。

「また次回も集まろうね」

って約束して、

Binoc Familythe Camp

は、幕を閉じたのでした。

Binoc the camp part5

泳ぐことが大好きなジュリア。

この日も大吉と一緒に

ずっと泳ぎっぱなし。

binocbc993.jpg

ボール遊びも

大吉が取ったり、ジュリアが取ったり。

お互いに邪魔をせず、

上手に遊んでいる。

binocbc995.jpg

叔父さんのパスカルとだって、

取ったり取られたりして

一緒に遊んでいるジュリア。

binocbc996.jpg

そうそう、姉妹の響とだって、

うちの娘とだって

みんなと仲良く遊べるジュリア。

binocbc994.jpg

そんなジュリアと比べると、

ちょっと引っ込み思案なレギ。

なんでもジュリアに譲っちゃう。

binocbc973.jpg

お兄ちゃんとしての貫録、と言うよりも、

レギの性格。

よく、先にいた子が後から来た子に譲ることがある。

最初に来た子は一人で愛情いっぱい育っていたから

争うことや、先に一歩前に出ることを知らないで育つ。

そのため後から来た子の勢いに負けて

なんでも譲ってしまう。

そんなことがある。

binocbc984.jpg

でも、レギの場合それだけではない。

レギはもともと兄妹と一緒にいた時から、

争いごとを好まず、なんでも譲っちゃう。

そんなところがある。

そんなレギの性格を分かって、

愛情いっぱい注いでくれるパパとママ。

binocbc961.jpg

人間が愛情の順番付けをするのは

良くないという人もいるかもしれないが、

私はそうは思わない。

その子の性格、体力、年齢。

色々な事を総合的に判断して

オーナー自らが順番付けをすることは

決して悪いことではない。

多頭飼いの知恵ともいえる。

そして、多頭飼いの面白さとも言えると思います。

binocbc975.jpg

今回のキャンプを通して

Binocから巣立っていった子達に

今でも触れていられること、

見守っていられることに

改めて感謝の思いでいっぱいになりました。

Binoc the camp part4

エル家と響家、

偶然にもかなりのご近所さん。

しかもマンションは違うけど、

住んでる階まで一緒。

よくいくスーパーだって一緒。

なのにこの日まで一度も会ったことがなかった。

binocbc989.jpg

なんと初めて会ったのが、

キャンプ場に来る途中の

河口湖近くのマックスヴァリューだった。

「やっと会えましたぁ」

感動的に話してくれる両家族。

ワンズが引き合わせてくれた縁だよね。

この日、エルは初めての泳ぎにチャレンジ。

binocbc967.jpg

「えっ!泳いでる」

これには私もビックリ。

もっと驚いたのがエルのママさん。

双子ちゃん達をパパに任せて

ママはエルの写真を撮りまくり。

binocbc969.jpg

いや~~~

ここまで喜んでくれると

こっちまで嬉しくなるよね。

でも当の本人は、

エルらしくマイペース。

ちょっと沈んじゃいそうにも見えるんだけど、

ちゃんと泳げてる。

binocbc968.jpg

そんなエルも

ちょっと夢中になって追いかけっこをしたのが

響。

響の方は、ちょっとモハモハの男子にびっくり。

binocbc991.jpg

そうそう、響はSUPで水遊びは経験者。

やっぱり神楽の子供たちは、

みんな水遊びがお好きなようだ。

響は母親のカリンにそっくりだけど、

こういう遊び好きな性格は

神楽にそっくり。

binocbc990.jpg

この日も、ずいぶん達者になった泳ぎを楽しんでいた。

沢山泳いだ後、

デイキャングループのエル家と響家と大吉家が用意してくれた食材でBBQ。

美味かった~~~。

ゴチでした。

binocbc992.jpg

大吉パパもエルパパも、

焼き奉行だなぁ~~。

私はちゃっかり奥の方で

食べる方に専念させていただきました。

ありがとうございました。

Binoc the camp part3

今回、キャンプに初参加のミルク家。

家族でキャンプをすること自体が初めて。

ということで、お姉ちゃんとお兄ちゃんも参加してくれた。

どんなキャンプになるか楽しみ。

ミルクの予行練習兼ねていった嵐山では

泳ぐことが出来たようだったが、

ところがこの日のミルクはテンション下げ下げ。

binocbc978.jpg

「いいんだ、いいんだ、僕はママと一緒にいるから」

もう波打ち際にも来たがらない。

「パパもお兄ちゃんも勝手に遊んでて、僕は行かないよ」

binocbc987.jpg

次の日の朝。

今度はテントの中がお気に入りに。

パパさん、これにはまいった。

もう無理はさせないよ。

今回は諦めることにした。

binocbc979.jpg

テンション下げ下げのミルク。

そんなミルクにうれしいお客様。

「サムが遊びに来たよ」

binocbc977.jpg

これにはミルクも上げ上げ。

遊びに来たサムもミルクを見て上げ上げ。

この二人、誰も寄せ付けないほど大の仲良し。

binocbc976.jpg

くるみが生きていたら、きっとこの二人と一緒に、

水には入らず、丘の方にいただろうな。

この写真を見てるうちに

くるみのことを思い出した。


結局この日もミルクはここから湖の方には行こうとしなかった。

でも

「またこれもミルクなんで、、、」

ってパパさんも言ってました。

本当にそうだよね。

ミルクはミルクだもんね。

その仕草だけで、みんなを笑顔に変えちゃうんだからね。

サムもそうだよね。

だからお互いに魅かれあうところなんだろうね。

ミルク家初のキャンプは、

ミルクと共に、楽しい思い出になったと思います。

Pagination

Utility

プロフィール

花

Author:花
ビノークボーダーコリーズ
BINOC BORDER COLLIES
ボーダーコリー専門ブリーダー
千葉県松戸市
東京南ボーダーコリークラブ所属

ホームページアドレス
http://binoc.web.fc2.com/

★ペットハウス募集中

ペットとして大切に育ててくれる方を募集中。
詳しくはご連絡ください。
090-5330-3273

子犬の相談、見学を希望の方は、
下記、メールフォームにてお申込み下さい。
お電話でも結構です。 090-5330-3273

BINOC メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。